家庭用脱毛器の選び方とポイント

ケノン

 

脱毛サロンに通いたいけど近所になかったり、通う時間がないという人も多く最近では家庭用脱毛器を使用している人も多いですよね。

 

脱毛サロンは女性専用であることがほとんどなのですが、家庭用脱毛器が1台家庭にあれば夫婦や家族で利用することもできます。

 

家庭用脱毛器の中には、男性の濃いヒゲにも対応することができるものもあるんです。

 

選ぶときに気になるポイントは

  • 家庭用脱毛器本体の価格
  • 利用できる部位
  • 日本国内で製造されたものなのか(MADE IN JAPAN)
  • 効果はあるのか
  • 安全性

などがあげられるかと思いますが、製品によって大きく違うんです。

 

 

まずは、脱毛方式をチェックしましょう。

 

  • フラッシュ式脱毛(IPL光)
  • レーザー式脱毛
  • 熱線式脱毛(サーミコン)

 

フラッシュ脱毛は脱毛サロンでも採用されている脱毛方式で、パワーは弱いのですが痛みが少ないことで人気です。
レーザー脱毛は医療機関やクリニックなどで採用されている脱毛方式で、痛みは多少あるもののパワーが強く、脱毛効果も高いと人気です。熱線脱毛は家庭用脱毛器がとても話題になりましたが、火傷する方が多発し、痛みが強く脱毛効果も弱いと口コミで多く取り上げられました。

 

痛みが苦手な方にはフラッシュ脱毛がとくにオススメなのですが1回に照射できる範囲が大きい家庭用脱毛器を選ぶことで照射する回数を減らすことができますので痛みを少なくしたい人、短時間で脱毛したい人に良いでしょう。

関連ページ

家庭用脱毛器のメリットデメリット
こちらでは家庭用脱毛器のメリットデメリットについてご紹介しています。家庭用脱毛器を使いつつ、格安の脱毛サロンのキャンペーンを利用するなど、上手に使い分けしましょう。
家庭用脱毛器で背中の脱毛はどうする?
家庭用脱毛器は一台あれば家族全員で使え、経済的にもコストを安く抑えることができます。それだけでなく他人に見られると恥ずかしい部位でも自分でできたり、何度も使えることなどメリットはたくさんあります。しかし背中の脱毛に関しては自分自身では処理できないので困るという人はどうしているのでしょうか?
妊娠中にムダ毛が気になりだしました。脱毛器は使っても良い?
妊娠中は妊娠前よりもムダ毛が気になるという人が増えます。これはホルモンバランスの変化によるものです。そこで、脱毛器は妊娠中に使用してもよいのでしょうか?