ケノンの方が広範囲のお手入れに向いている

ケノンとヒカリエピはどちらもフラッシュ脱毛方式を採用した脱毛機器なのですが、その特徴をしっかり比較して選んでいくと良いでしょう。

 

ヒカリエピは3段階しか出力レベルを調整することができませんし、1番弱い出力はムダ毛のケアではなくフェイシャル用となっています。

 

脱毛の場合は実質的に2段階しか調整できないと言えるでしょう。

 

しかし、ケノンは出力レベルを10段階で調整することができるため、部位や好みに合わせて最適な強さでケアすることができるのです。

 

また、シングルショットだけでなく連写モードが搭載されており、1回で3ショットや6ショットのケアができます。

 

連射モードにすると刺激が分散されるため、痛みが不安な人やデリケートの部分でも安心して脱毛することができるでしょう。

 

値段が気になるかもしれませんが、本体価格は2万円台でカートリッジも安いヒカリエピの方がコストパフォーマンスが高いように感じる人もいるでしょう。

 

しかし、注目すべきは1つのカートリッジでショットできる回数となっており、しっかり確認することが大切です。

 

ケノンは最大で20万発の照射ができるのですが、ヒカリエピは1500発程度しか照射することができません。

 

短期間で特定の部位しか使わないならあまり気にしなくても良いのですが、時間をかけて全身のお手入れを考えているという場合、ケノンを選んだ方がお得と言えるでしょう。

 

家庭用脱毛器で効果を実感したいという場合、毛周期に合わせて数週間使用する必要があります。

 

そこでできるだけ安全に使えるものを選ぶことが大切であり、商品の製造国もポイントとなります。

 

ケノンは安心の日本製となっており、安全性が高いということで人気を集めています。

関連ページ

ラヴィ(LAVIE)を比較
ケノンと@コスメでも評判のLAVIEとを比較しました。ケノンと違った特徴はどんなところなのでしょうか?LAVIEについて詳細をご紹介しています。
パナソニックの光エステと比較
パナソニックの光エステはケノンよりも値段的には安いです。それでは機能やその他もろもろの違いについてはどうなのでしょうか?パナソニックの光エステとケノンを比較した結果についてこちらにまとめています。
センスエピとの比較
こちらではケノンと日本で人気のある家庭用脱毛器を比較してご紹介しています。自分にあった家庭用脱毛器をお探しの方はぜひご覧ください。